「ムーアの法則」は限界か

「ムーアの法則」は限界か

tm_1501_intel_ces_23
そろそろか・・・
1: 北村ゆきひろ ★ 2015/04/18(土) 18:16:33.46 ID:???*.net
シリコンバレー開拓者の1人で半導体大手インテルの共同創業者のゴードン・ムーア氏が、半導体開発に関する大胆な法則を提唱して今年で50年となる。その法則とは、技術革新が小さなシリコン・チップの上に組み込まれるトランジスタの数を約1年毎に倍増させ、そのチップを使った機械は小型化することにより高性能になるというものだった。

 「ムーアの法則」と命名されたこの定理は、技術関連産業の諸法則の中でも最も長くその有効性を保った概念の一つとなっている。それはパーソナル・コンピューター(PC)、携帯電話、ウェブ・サーバー、ネットワーク接続機器などの革命的製品の出現に道を開いた。そして新世代のチップが開発されるたびに、前世代のものより高性能かつ低価格を実現するのが普通だった。

 しかし、「ムーアの法則」はここに来て限界がみえつつある。
 カリフォルニア州に本拠を置くコンサルティング会社、インターナショナル・ビジネス・ストラテジーズの試算によると、最新の技術を用いたチップの設計と実用試験は今や1億3200万ドル(約160億円)かかり、前世代の最高性能のチップの設計・試験コストと比べ9%増加した。10年前はそのような先端チップの設計は約1600万ドルしかかからなかった。その一方、一部の会社は各チップのコストを初めて引き下げられなくなっている。

 この変化の一因は、シリコンウエハーを最新のチップに加工していく際に多くの新たな工程が必要になったことだ。
最新チップの回路の幅は14ナノメートル(ナノは10億分の1メートル)と極微小となっており、これにより1つのチップの上に過去と比べるとトランジスタを数億個も多く組み込むことが可能になっている。
しかし、それほどの数のパーツを組み込んだチップを設計するには多くの時間と経費がかかるようになった。

 半導体各社は、この先10年ほどはさらにシリコンチップを小型化し続けられそうだが、その金銭上の見返りは低下し続けるとしている。一部のチップ設計者は、コストより性能が重要な最先端チップの製造にさえ、最新の技術は制限的にしか使わないようになっている。
 ブロードコム(本社カリフォルニア州アーバイン)の創業者で会長兼技術責任者のヘンリー・サミュエリ氏は「(新技術の使用に)すごく慎重になっている。これらのチップの価格は劇的に上昇しているためだ」と話す。

 マイクロン・テクノロジー(本社アイダホ州ボイジー)のマーク・ダンカン最高経営責任者(CEO)も「改善してペイする市場がどんどん小さくなるだろう」という。同社はスマートフォン(スマホ)やデジタル・カメラ、写真アルバム用のタブレット端末に使われるフラッシュ・メモリー・チップを製造している。

ムーア氏は元々、シリコンバレー創生期の中核企業だったフェアチャイルド・カメラ・アンド・インスツルメント傘下にあったフェアチャイルド・セミコンダクターで研究開発の責任者だった。そして1965年の4月19日電子技術雑誌に「集積回路により多くのトランジスタを詰め込む」との論文を発表、その中で後年「ムーアの法則」と呼ばれるようになる予測を提唱した。

 その予測では、ムーア氏は1つのチップの上の半導体の数は毎年倍増し、当時の約60から1975年には6万5000にまで増えるだろうとした。ただ、同年には倍増ペースを1年ではなく2年に修正した。
フェアチャイルドは当初、最初のトランジスタを1個150ドルで売っていた。ムーア氏のこの論文発表後、価格は同社製品も競合社のものも年々下落を続けた。

 インテルによると、同社の中核製品である「Core i5」マイクロプロセッサーは13億個のトランジスタが組み込まれ、1つが0.00000014ドル、つまり7万個のトランジスタあたり1ペニー硬貨(=0.01ドル)だ。

 「ムーアの法則」は当初、チップ開発エンジニアの1つの目安的存在だったが、徐々にライバル社との競争上達成しなければならない原則となり、各社に休むことのない技術革新に駆り立てることになった。

 2000年代半ばまでは同法則は、コンピューターの鍵となる性能である情報処理速度(クロック周波数)の加速化に貢献した。しかし、処理速度の高速化は、市場が携行型のコンピューターに移る中で、機器の過剰な消費電力と発熱という問題を生じさせるようになった。

中略

 今後「ムーアの法則」が有効性を保ち続けられるのかが注目される。

http://jp.wsj.com/articles/SB11581577432647144308704580587363416618820

7: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 18:26:53.60 ID:ApojxTvo0.net
>>1
家庭用のPCには、今のハイエンドCPUはすでにオーバースペック気味だからねえ。

しばらく落ち着くのではないか?

30: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 18:55:56.33 ID:kKxawA3r0.net
>>7
全然足りなくて困ってる

8: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 18:30:19.46 ID:2DsVchBF0.net
分子の限界とか磁力かなんかで密集の限界とかあった気がする
理論的には別の材料や方法で可能だろうが
そこまでの性能を求める状況が無いしなあ

10: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 18:31:10.49 ID:pH6AIMRg0.net
小型化よりも、電気大食い・爆熱グラボの問題なんとかならんかね

29: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 18:53:04.10 ID:Mxb2MuUl0.net
>>10
ゲームメーカーがインテルhdグラフィック3000くらいを基準にして
ゲームを作ってくれれば万事解決。
高グラフィック高消費電力か低グラフィック低消費電力を選べるように
してくれればok

13: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 18:34:03.63 ID:zgQtUC8+0.net
結局コンピュータは自我を持たずに終わるのか。

17: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 18:35:22.28 ID:lc91TMWn0.net
まあ予測だもんな

21: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 18:39:26.65 ID:myBWOVO+0.net
現状、性能足りてる感もあって進化は遅くなりそうではある
むしろバッテリー革命の方が待ち望まれてそう

48: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 19:22:43.80 ID:zYMBJPd80.net
スマホで、HD動画を再生出来るって考えてみるとかなり凄い事だよな。

51: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 19:25:21.69 ID:cdwMOJM+0.net
性能は上を出せるが、売るために法則に合わせてるんじゃないかと

56: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 19:31:44.38 ID:/hlvJ8GT0.net
俺のCore2Quadちゃんが現役バリバリなわけだぜ

58: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 19:35:38.82 ID:htLxgbIg0.net
もうとっくに終わった法則だと思ってたわ…
まだ続いてたのね

59: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 19:36:20.80 ID:6YCkcpMT0.net
これ以上性能を上げるとなると
水冷を普及させて冷却効率を上げて
CPUのコア数を増やしたり
あるいはソケット自体を増やしてCPUを複数搭載して
性能を上げていけばいいのか。

60: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 19:37:18.08 ID:MwCZZ8GK0.net
ムーアの法則に限界なんてあるわけねー
たまたま短期的な停滞を限界だと思ってるだけだろ

65: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 19:51:28.29 ID:e/wMdv8A0.net
今さら限界とか言い出さなくたってここ5年ぐらいまともにCPUの進化なんて感じられないのだが
windows黎明期あたりは半年ほっとくだけでバンバンスピードアップしてた

66: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 19:52:19.42 ID:2YtPSWMk0.net
第2次マイコンブームからパソコン触って30年になるけど
その当時イメージできた未来のスーパーコンピュータを現状でも大幅に超過しとるね

78: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 20:08:35.13 ID:islnfB+j0.net
自分は、今の性能でも別に困らないのだけれど、
もっと高性能欲しい人って多いのかな?

79: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 20:12:50.27 ID:FRR6WenB0.net
クロック数→頭打ち
コア数→頭打ち
あとはSSDの2テラが普及したらほぼ頭打ちかな

80: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 20:15:31.15 ID:2/k0DFAi0.net
商品(部品)としての「必要性」まで考えての発言じゃないだろうよ

確かに新しい発想が必要な時期かも

85: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 20:23:27.92 ID:e/wMdv8A0.net
強いて言うならというか、デスクトップが延々と足踏みしてる間に
板タブがどんどん進化してるのはわかる
3Dゲームを除いて今のデスクトップにできる大概のことができるようになって
デスクトップに立場がなくなる日が近そう。もしくはもう来てるのかも

86: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 20:23:51.61 ID:mpO+0GI50.net
CPUの速度自体もう必要じゃねえからな
HDDも昔は足りなかったが今では足りなくなる事はなくなった

今必要とされるのは消費電力だろう

91: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 20:28:52.08 ID:5McT1Q9w0.net
ハイエンドの需要がなくなってきたからね
こんなに早く需要が先細りするのは想定外だが
ムーアの法則がここまで有効を保つとは思わなかったのは確か

92: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 20:29:08.19 ID:f0aYbVKI0.net
PCの進化は完全に止まったよなあ
昔は3年もたてばガラクタだったけど、今は3年前のPCでも最新のPCと大して変わらん
これじゃ買い替えないよ

98: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 20:41:51.29 ID:6YCkcpMT0.net
00年代までなら3年前のPCなんてガラクタ同然だったのに
今はぜんぜん余裕で使えるもんね。
PCの進化が止まったけど、逆に物持ちが良くなったので
悪いことばかりじゃない。

83: 名無しさん@1周年 2015/04/18(土) 20:21:33.75 ID:xitwggwz0.net
cpuとgpuはもう十分
メモリはタブブラウザが馬鹿食いするからもっと欲しい
HDDと回線帯域(LANとインターネット両方)は全然足りない

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1429348593/




スポンサードリンク
関連コンテンツ
他サイト様人気記事
最新記事
こちらもオススメ
ソーシャルエリア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

  1. 機種名NA-07C :2015/04/18(土) 21:55:21

    > cpuとgpuはもう十分
    > メモリはタブブラウザが馬鹿食いするからもっと欲しい
    いろいろごっちゃにしてるとこうゆう事言い出す。

  2. 機種名NA-07C :2015/04/18(土) 22:41:11

    LAN、USB3.0も既にボトルネックなんだよなぁ。

  3. 機種名NA-07C :2015/04/18(土) 23:24:45

    シリコンウェハーの構造的に限界とかなんとか

  4. 機種名NA-07C :2015/04/19(日) 03:18:36

    ムーアの法則ってメーカーの努力目標みたいなもんだろ?
    LANは10gb普及してほしい。
    もしくはusb3.1代替で使えるルーター作ってくれ。それだとフラットケーブル作れないんだろうけど。
    CPUはM/B買い替えた時、「もう載せ替えることないだろう」と思ってcorei7にしたが、オーバースペックだった。4コア i5で良かった。8スレッドフルに使ったのなんてiso→h.264変換した時ぐらい。
    メモリも別にこれ以上はいらないなあ。

  5. 機種名NA-07C :2015/04/19(日) 16:00:26

    ムーアってとんでも無い天才なんだよな

  6. 機種名NA-07C :2015/04/20(月) 10:01:16

    まだまだでしょ。
    モバイルにi7並みの処理能力が付加されるまで私は進化しろと言い続けるよ。
    あと、ソフトウェアもいい加減スペックぎりぎりで書くな、スペックの半分で十分動かせるよう進化しろ。
    いつまで古い構造のOS使ってんだよ。
    て事で新しいOS作れる可能性が高いgoogleに期待。

  7. 無名 :2015/06/07(日) 11:39:28

    EUVが実用化され、e multibeam lithogaraphyが実用化されつつある現状ではMoorの法則は限界に近付いているのは確かであろう。
    DNAの半径1nm~5nm辺りが限界であろう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

名前は未入力でもコメントできます。